終了しました

 

 

ノーナ・オバックのワークショップ第3弾

 

 

アートセラピーや創造的アートプロセスにおける

 

空間の作り方と素材の働き

 

今回のワークショップでは、創造的な制作プロセスと素材の選択に結びつく2つのテーマについて掘り下げていきます。

 

そこではまず、治療や創造の場としてのオープンスタジオのセッティングについて話し合い、私たちの治療的なあるいは教育的なアプローチを反映できるような安全な場としてのワークスペースについて再考します。また、アート素材と自己の感覚を通して他者へのより深い理解につながる方法を体験的します。

 

 

プログラムの紹介

 

1日目/最良のアシスタントとしての素材とスタジオ(ワークスペース)を探求する

 

 

1日目は、私たちがアート制作やセラピーを行なうワークスペースをより創造的なものにする方法を見つけます。そこではいくつかの異なるスタジオセッティングの例を紹介し、そこにどのような配慮のもとに素材が選ばれ配置されているのかを見ていきます。また売られている素材と自然の素材との違いについても考えます。

 

この日の目的は、ワークスペースの空間とそこに置かれるあらゆる素材が生み出す触媒的プロセスをより明確に把握することです。そして、自分自身のための創造的空間をさまざまな素材を用いて作っていきます。

 

 

2日目/アート素材に基づいたスーパービジョンAMSTの紹介

 

 

 

クライエントの作品に基づいたアートセラピーのスーパービジョンを行う際に、言語による理解だけでは、クライエントが体験している感覚的で身体的なアートプロセスの中でおきている何かが見失われてしまいます。そこで、アートセラピストのためのAMSTと呼ばれる創造的なメソッドが20年前に開発されました。

 

クライエントの作品に対して生じるセラピスト自身の感覚を利用するこのアプローチは、クライエントの意識的な部分だけでなく感覚的身体的なものも含む、より深いレベルでの理解を可能にします。アートと心理療法のより整合的な統合の試みといえます。

 

 

この日は、このメソッドを実際に体験しながら学びます。これはまた、自分自身を知るワークともなります。

 

 

 

 

●講師の紹介

 

ノーナ・オーバックNona Orbachはアーティストであり、教育家であり、アートセラピストでもあります。現在はイスラエルの美術大学にて教鞭をとっています。日本についての思いは強く、ほぼ毎年京都を訪れているほどの知日派。日本では京都の美術館にて作品を発表したり、大学にてワークショップを行なったりして活躍しています。特に素材に関する造詣は深く、イスラエルでは3巻もの素材についての大著を出版しています。

 

昨年、一昨年と当センターが行った素材のワークショップでは、参加者に大きな感銘を与えてきました。

 

 

 

 

●日時: 2016115日(土)10001800

          6日(日)10001700

 

●場所: 東小金井駅開設記念会館(通称マロンホール)和室(5

     日)、A会議室(6日)

                   *(JR東小金井駅南口から徒歩6分)

 

●定員: 12

 

●参加費: 24,000円(2日間)、(会員割引21,000円、早期割引

     22,000/1010日まで)

 

●申込方法:メールにて①お名前、②年齢、③連絡先住所・電話、④お仕事、⑤参加動機をお書きのうえ、以下のアドレスにお申込みください。

     折り返し、振込先と当日の持ち物等のお知らせをメールにてお送りします。

●対象者:2日間参加できる方。クライエントや子どもたちなどとアートを通して触れる機会のある方。

     自分自身のためのワークを体験したい方。

 

 

 

 

  一般社団法人 日本クリエイティブ・アーツセラピー・センター

 

    東京都国分寺市内藤2-1-21  

 

    メールarts@carol.ocn.ne.jp 

      http://www.j-cat-c.com

 

 

2016年5月(終了しました

 

*参加者の感想は、

 ←<ワークショップの感想>をご覧ください。

 


 

  さまざまなコラージュを体験する