一般社団法人 日本クリエイティブ・アーツセラピー・センターは、医療・福祉・教育・企業など、さまざまな領域において活用できるアートセラピーの普及と、アートセラピストの育成に力を注いでいます。

 

 

 アートセラピー基礎講座の第5期が9月から始まります

 

 

 

 

コロナによる影響が続いていますが、9月より10回に渡って「アートセラピー基礎講座」の5期をスタートします。

 

コ ロナによる長引く閉塞感は、人々を内向的にし、落ち込んだ気分へと駆り立てていきます。そして、多くの人々は、未来に対してなかなか明るいイメージが持てなくなっているのが現状ではないでしょうか?

 

アートセラピーでは反対に、この困難はアートセラピーを学び、実践していくための好機でもあると考えます。そこでは、アートを仲立ちにして自分の無意識や自然からのメッセージに耳を傾けていき、その背後にある問題に焦点を当てていきます。

 

 

 

 このコースは、臨床アートセラピーを体系的に学び、実際に使ってみたいという方々のために用意された入門コースです。月1回土曜、日曜2日間連続で開催されるために遠方の人にも参加がしやすくなっています。

 

ここではアートセラピーの基本的な考え方や理論的背景を学んでいき、たくさんのワークをしていく中から、それぞれの臨床現場での実践につなげるためのやり方を学んでいきます。必ずしも現場を持っている方だけではなく、将来取り入れてみたいと考えている人、アートセラピーを通して自分自身に気づきを得たい人、人間関係をより豊かなものにしていきたい人など、一般の方々も募集の対象にしています。

 

皆さまの参加をお待ちしています

 

 

 内容 毎回前半が体験ワーク、後半が理論的な解説による体験の理解とその応用の仕方を学びます。

 

●9月18日(土) アートと癒しの歴史/アートセラピーの2つに異なる立ち

        位置

ワーク:アートを通しての自己紹介/その絵をワークする。

  義:人類とアートの関わり。子どもはどのようにして絵を描くよう

    になるのか。絵画史から見たアート。アートセラピーの登場と

    その展開

 

 

 

●9月19日(日) どのような素材を用いるか(描画素材を中心に)

ワーク:さまざまな描画素材を体験してみる。

クレヨン、パステル、ブロッククレヨンの異なる導入とワークの仕方。

  義:素材のスペクトラム。対象に応じての使い分け。

 

 

●10月16日(土) 絵画表現における思考と感情

ワーク:いろいろな感情を絵で表現してみる。

  義:絵におけるタッチ、色、構図の意味を理解する。特定な感情に共通する描画上の表現。

 

 

●10月17日(日) アートセラピーにおける枠づけの意味

ワーク: 異なる枠づけ導入法によるいくつかのワーク。

  義:セラピーにおける枠付の本当の意味とは。

 

●11月20日(土) クライエントへの接し方、絵の理解の仕方

ワーク: ペアになり、ロールプレイを通して絵に耳を傾けるワークを

     行う。

  義:絵をどのように読んでいくか。アートセラピーにおける傾聴と

    はどういうものか。

 

●11月21日(日) コラージュ療法

ワーク:1枚コラージュ法による制作。 コラージュ制作。

  義:コラージュ療法の特長。そのやり方と注意点。コラージュ作品

    の読み方。

 

●12月18日(土)さまざまな導入テーマ

ワーク:テーマの異なる、いくつかのアートワークを体験してみる。

  義:テーマごとの具体的な導入方法、シェアリングの仕方、治療的

    な意

 

●12月19日(日) 共同画制作

ワーク:2つの異なる共同画を体験する。

  義:その背景にある2つのグループ力動の違いと、その使い分け。

 

2022年

 

●1月22日(土) シンボルのワーク 

ワーク:シンボルを描画のテーマに用いる。

  義:シンボルとは何か。フロイト的シンボル解釈とユング的シンボ

    ル解釈。

 

●1月23日(日) アートセラピーを今後どのように実践していくか。

        質疑応答。ラップアップ。

ワーク:お別れの共同画制作

  義:アートセラピーのさまざまな治療因子。

 

講師:関 則雄(J-CAT-C代表、長谷川病院アートセラピスト、芸術療法士、臨床歴32年)

      関 明美 (長谷川病院アートセラピスト、女子美術大学非常勤講師)

 

●時間:土曜 /13:00~19:00  日曜 /10:00~17:00

●会場:JR中央線武蔵小金井駅近辺の公民館 

●参加費:180,000円 ( 7月0日までにお振込みをいただくと、早割で160,000円 )

 

 

●参加対象:心理、精神医療、福祉、教育等の現場でアートを使った活動を行っている(あるいは導入を考えている)人で、アートセラピーの手法を取り入れてみたいと考えている方。一般の人で自分自身のためにアートセラピーを学んでみたいと思っている方。

 

 

  お申込みはこちら

 

 

2020年1月からスタートしたアーツセラピー基礎講座3期でしたが、素晴らしいグループだったのにかかわらず、コロナの広がりと非常事態洗顔のため3月からやむなく中断せざるを得ない状態となりました。

 

9月から再開をしたのですが、遠方からの参加者も多く、最終的に残った人は3名のみになりました。

 

しかし少数ならではのインテンシブなワークができ、深い気づきを体験する感動的なグループとなりました。

 

参加者の声の抜粋は、以下をクリックしてください。

 

 

参加者の声

 

…………………………………………………………………………………