一般社団法人 日本クリエイティブ・アーツセラピー・センターは、医療・福祉・教育・企業など、さまざまな領域において活用できるアートセラピーの普及と、アートセラピストの育成に力を注いでいます。

 

 

 

センターの秋からの予定

 

 

◆癒しの筆遊び 1021 ()  13151700

 

 

→ 詳しくは、左のナビの「アートセラピー基礎講座」をクリック

     

  

 

◆実践家のためのアートセラピー基礎講座/全10 (毎月1回連続した土日)

13001900(土曜)、10001700(日曜)1110日よりスタート

 

 

→ 詳しくは、左のナビの「アートセラピー基礎講座」をクリック

  

 

 

 

 

 

センターの10月のワークショップのご案内です。

 

 

 

幼児との対話は、子育て中のお母さま方には普通に見られますね。

 

では、胎児との対話はどうでしょうか?

 

一方的な語りかけではなく“対話”です。

 

 

 

多くの人にとっては、ありえない、不可能に決まっている、と想定することすらありません。

 

 

 

この胎児とお母さんとの対話の記録をまとめた、驚くべき本があります。

 

https://www.amazon.co.jp/胎児との対話/

 

 

 

そこでは胎児とお母さんの数多くのやり取りが記されています。

 

それを読むと送られたメッセージの英知の深さに、われわれは目を疑います。

 

 

 

そして、この胎児との対話をナビゲートしたのがアウエハント静子さんです。

 

 

 

今回は、そこで用いられたやり方を体験してみるワークショップを1021日(日)に行います。

 

どなたでも参加できます。ふるってご参加ください。

 

 

 

詳しくは、以下:

 

https://www.j-cat-c.com/癒しの筆遊び/

 

 

 

お待たせしました!!

 

 

 センターの連続講座が、装いを新たに秋から復活します!

 

福祉や医療、および教育の現場ですでにアートを用いた活動をしている方、あるいはこれから取り入れてみたいと考えている方で、もっと深くアートセラピーについて知りたいというご要望に応え、その理論と実際のやり方について学んでいきます。 

 

講師は当センターの代表でもあるアートセラピスト関 則雄、ほか。

 

10回(10日間)のコースで、遠方の方も受講しやすいように月1回、土日の開催となりました。

 

またコースの終了後3か月目くらいに、フォローアップのためのセッションを持ちたいと考えています。

 

 

  講師の紹介

 

関 則雄:ニューヨークのプラット・インスティチュートにてアートセラピーを学び、アメリカと日本の精神科病院において常勤アートセラピストとして勤務、臨床歴30年になる(現在は非常勤勤務)。今まで各自治体の教育相談室での講習や、神戸大学、女子美術大学、上智大学等における講義、さらに専門家のためのさまざまなセミナーや講座においてアートセラピーの普及のために活躍する。一般社団法人 日本クリエイティブ・アーツセラピー・センター代表。認定芸術療法士、認定グループ・サイコセラピスト

 

 

 

講座の詳しい内容及び申し込み方法は、以下のページをクリックしてください。

 

 

            アートセラピー基礎講座2018