一般社団法人 日本クリエイティブ・アーツセラピー・センターは、医療・福祉・教育・企業など、さまざまな領域において活用できるアートセラピーの普及と、アートセラピストの育成に力を注いでいます。

 

 

★当センター代表の 関 則雄 によるブログが公開されました。

 

 → スピリット・オブ・アートセラピー

 

★★J-CAT-Cと東京経済大学のゼミ生とのコラボによる、デイケアのアートセラピーを紹介するための動画を制作中です。出来上がり次第順次アップしていく予定です。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 お知らせです!!

 

都合により、今年の3月から開始の予定のアートセラピー基礎講座Ⅰ (7期)が5月より開始することになりました。

 

月1回土日のコースで10日間に渡り、毎回さまざまな切り口からアートセラピーを体験し学んでいきます。

講師:関 則雄 臨床アートセラピスト(臨床歴36年)、当センター代表

           関 明美 女子美術大学非常勤講師、アートセラピスト、公認心理士

 

 

どなたも参加できます。是非ご参加ください。

 

お申込みは、こちら  

 

 

.....................................................................................................................................................

 

アートセラピー基礎講座Ⅰ(7期)

 

*注:当初3月スタートの予定が5月スタートへと順延となりました。

 

  

  第1回  月18()  13001900

 

      人類史におけるアートと癒しの働き 

       アートセラピーの2つの立ち位置 

 

 ここではまず、人類の歴史においてアートと癒しが密接に結びついていたことを見ていきます。

 そしてそれが現代において、心理学の台頭とともにアートセラピーの誕生を見ることになった背景について学んでいきます。

 

 またアートセラピーの歴史の中での2つの論争、Art as Therapy Art Psychotherapy の相違点について考察していきたいと思います。

 

 ワークは線による自己紹介、アイスブレイクとしてのまわし絵を行います。

 

講義:アートセラピーとは何か

 

 

 第2回 5月19日 ()  10001700

 

                          子どもの頃に大切にしていたもの                    

 

 多くの人は、子どもの頃にお気に入りで、いつも身の回りに置いていたぬいぐるみやおもちゃ、あるいは自分だけの秘密の宝物を持っていた記憶があります。

 

 今回は、その思い出の存在を絵に描くことにより、それが当時の自分にとってどのような意味を持っていたかを振り返ってみたいと思います。

 

 そしてその体験が、大人になった自分の中でも形を変えて生き続けていき、それが自分のアートや信念とつながっていく可能性について、心理学的な視点からの理解をしていくことにより、検討していきたいと思います。

 

講義:ウィニコットの対象関係論と移行対象について

 

 

 

 第3回 6月22日 (土)13001900

 

             アートセラピーにおける素材の意味するもの

 

 アートセラピーではさまざまな素材を用います。

今回は平面素材に限り、クレヨン、オイルパステル、チョークパステル、ブロッククレヨン、サインペン、鉛筆、色鉛筆、木炭、水彩絵の具、墨等の素材に触れてみて違いを体験していきます。

 

 そして、各素材の特徴を知り、自分が使い易かった素材、苦手な素材を知っておくことで、自分のアートセラピーのスタイルへの気づきへとつながっていきます。

 

 最後に、いくつかの素材の特徴を生かしたワークを行っていきたいと思います。

 

 

 

 第4回 63日 ()  10001700

 

 絵を自分の体を通し感じる/

 模写を通して他者の絵を理解する

 

 ここでは普段行っている、目を通しての作品の理解の仕方ではなく、作品を体全体で感じていくことにより、その作品の持つ裏側のメッセージを理解していきます。

 

 またペアを作り、相手の描いた絵を丹念に模写していくことにより、その絵の描き手の気持ちやイメージを感じていきます。

 

 

 

 第5回 7月20 () 13001900

 

                         シンボルをワークする

 

 一般的なシンボルの用いられ方は、絵や夢を理解するために出てきたイメージをシンボル事典を用いてそのシンボルの意味を解釈していきます。

 

 ここではその反対に、シンボルを描画のテーマにすることで、シンボルの意味する象徴的内容とアートを通して対話を試みていきます。

 

 シンボルと関係した、いくつかのテーマを体験していきます。

これはグループアートセラピーのテーマとして優れたやり方です

 

 

 

 第6回 7月21日 (日) 10001700

 

                  アートセラピーにおける枠づけの意味

 

 ここでは対照的な枠づけ法としての「風景構成法」と誰もが知っているドラエモンの「どこでもドアー」の2つの絵を描きます。

 

 そして、2種類の導入の異なる描画を体験した後、参加者にどちらのやり方が好みであるか、感想を聞いていきます。そしてこの2つの枠づけの背景にある考え方と意図するものについて解説をしていきます。

 

講義:精神医療における枠づけの意味するもの 

 

 

 

  第7回 9月7日 (土) 13001900

 

                  コラージュ療法(1)

            

 コラージュは、絵を描くのが苦手な人も、絵のうまい下手に関係なく取り組める技法です。

 

 1枚目は雑誌から1枚だけ写真を選び、周りをクレヨンで描き加えて1枚コラージュ画を制作していきます。このやり方は、イメージが絞られているため、さまざまなやり方でワークをすることができます。

 

 2枚目は、写真のみのコラージュ作品を作っていきます。ここでの制作は

 プロセスも多いため時間をかけて行います。そのため、シェアリングの時間が足りない場合は、翌日に持ち越して行います。

 

 

 

 第8回 9月8日 () 10001700

 

                             コラージュ療法(2)

            

 コラージュの2日目は、前半は前日に制作したコラージュの発表をしていきます。

 後半は、制作したコラージュをもとにそれぞれのアイテムが登場する物語を作っていきます。

 

講義:コラージュの見方、扱い方。注意すべき点。

 

 

 

 第9回 10月5日 (土)13001900

 

                     2つの共同画制作

                                         

 ここでは、島の共同画と樹の共同画の2つの異なる力動からなる共同画を体験していきます。

 

 そして2つの共同画を並べてみて、どこからその力動の違いが生じてきたのかを考えてみます。またそれぞれの立場から、表現上の特長の違いや配慮すべき点、対象とする人々の違いなどについて話し合っていきます。

 

 

 

 10  10月6日 () 10001700

 

 ラップアップ(今までの作品を振り返る)と、それを通して自分のテーマに気づく。質疑応答。

     

 最終日は今までの作品の振り返りを一人一人行っていきます。また、具体的、あるいはアートセラピー全体についての質疑応答の時間を持ちます。

 最後に参加者全員による、まわし絵を行っていきます。

 

講義:アートセラピーの実際